未経験からエンジニアに転職する方法

エンジニア職にスキル無し、未経験で転職することは決して不可能ではありません。もちろん大企業への入社は難しいものですが、中小企業となる下請け会社やベンチャー企業ならば、求人募集をかけています。と言うのも、実は多くのエンジニア職が人材確保に苦戦しており、能力のある未経験者を求めているからです。スキルは無いがエンジニア職、特に華形とも言えるプログラマへの転職を考えている人はこちら

専門性の高いプログラミングテクニックなどは後で学ぶことができます。けれども高いビジネススキルは簡単には身につかないものです。そのような高いスキルを持っている人材を獲得したいと思うのです。つまり、全くの未経験でも誰でも良いわけではなく、前職においてそれなりの経験を積んでいることが条件となります。具合的にはコミュニケーション能力が高い人、向上心が高い人と課題発見能力が高い人などが挙げられます。どれも惰性で仕事をする人には無いスキルであると共に、会社にとっては売り上げを伸ばすために必要なものとなるのです。

エンジニア不足は慢性的に続いているので、全くの初心者でも転職の可能性は極めて高いものではあります。ただし、エンジニアとしての定年は早いものです。技術の進歩についていけなくなるのが理由ですが、それを頭に入れてキャリアチェンジを考えることが大切です。あるいは、その後にマネジメントを行う管理職を目指すのもひとつの手段と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です