スキルなしで転職するために必要なこと

スキルなしでも転職するために必要なことは、基礎的なビジネススキルに磨きをかけておくことです。例えばエンジニアとして就職するためには、即戦力としての技能が求められます。けれども多くの場合、それ以上に必要とされるのがコミュニケーションなどのビジネススキルです。細分化された業務をうまくまとめるためには、高度なコミュニケーション能力が求められることになります。

実はエンジニアにそのようなビジネススキルを教えるためのセミナーも多く開催されています。けれども、エンジニアとしての技術を教えるよりも基礎的なビジネススキルを教えることの方が難しいことがわかっています。逆に多くの経験を通して高度なビジネススキルを保有する人に、エンジニアとしての技能を教えるのは難しいものではありません。
そこで多くの会社では、スキルなしの転職となっても、高いビジネススキルを保有する人材を必要としているのです。将来の管理職候補にもなりますし、またクライアントとの折衝においても、求められる品質を的確に把握して無駄の無い作業が行えるようにするためにも必要となります。

また、エンジニアとしての技能を求められる場合にも専門学校で学ぶことにより、必要な技能は身に付けることは可能です。その上で転職活動すれば良いわけです。このようにたとえスキルなしだとしても、ビジネススキルさえ身についているならば不利となることも無いです。それを意識して普段の業務に取り組むことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です