志望動機をどうアピールするか

IT関連の求人を見ると、応募条件に何らかのスキルが必須である求人もあれば、未経験でも構わないという求人も散見されます。基本的には転職で別の職種に移る際、スキルがあるかどうかは重要な指標になるものですが、エンジニアの世界では決してそういうわけでもありません。もちろん、そういう即戦力を求めている企業も多いですが、折からのエンジニア不足も相まって関連企業では未経験でもとにかく人材を確保しようと積極的に採用人数を増やしているのです。

そうはいっても、スキルが無い人の転職はそう簡単なことではありません。スキルがないからこそ、別の側面でしっかりとアピールしたいところです。スキルがない人がエンジニアになるためには、やはりどうしてエンジニアになりたいのかという志望動機をはっきりさせておく必要があると言えます。企業の人事担当が気になるところは、どうして未経験にもかかわらずエンジニアになろうとするのかです。スキルなしで転職をしようとするくらいですから、何らかの理由があるはずでしょう。そうした理由をうまく伝えることができるかどうかが分かれ目になります。ありきたりな志望動機を伝えるのではなく、自分だけに固有な動機を熱意を込めて伝えると良いです。それから、スキルなしだからといって、何も準備しないでも良いというわけでもありません。エンジニアに関わる興味のあることは、とりあえず手を付けてから面接などに臨むと転職の成功確率をぐっと高めることができます。